熊谷勤容疑者の顔画像「アクセル踏んだ高齢者の運転ミスで4歳女児死亡」北海道釧路市

ニュース・事件

北海道釧路市の病院駐車場で、4歳の女の子が車にはねられて死亡する事故がありました。

車を運転していたのは、根室市に住む熊谷勤(くまがい つとむ)容疑者・77歳です。熊谷勤容疑者は、調べに対して「アクセルを踏んでしまった」と供述しています。

年齢我77歳の熊谷勤容疑者は、運転技術などに不安はなかったのでしょうか。妻や家族構成、事故の原因をまとめました。

車にはねられ4歳女児死亡 事故概要

病院駐車場、事故現場

釧路市春湖台にある市立釧路総合病院の駐車場で、市内に住む沖津みかさん(40)と、娘の亜海ちゃん(4)が乗用車にはねられました。

乗用車は病院の正面玄関前で女の子と母親をはね、その後さらに停車中の軽乗用車にも衝突したということです。 亜海ちゃんは 意識不明の状態で、すぐに病院のスタッフによって院内に運ばれましたが、死亡が確認されました。母親は腰の痛みを訴えているということです。

熊谷勤容疑者は調べに対し「アクセルを踏んでしまった」と供述しているということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。

熊谷勤容疑者 顔画像・プロフィール

熊谷勉容疑者 逮捕現場

高齢者の運転する車に、4歳の女の子がはねられ亡くなるという、なんとも痛ましい事故がおこりました。

女児を車ではねた熊谷勤容疑者とは、どんな人物なのでしょうか。

名前:熊谷勤(くまがい つとむ)
年齢:77歳
職業:不明
容疑:過失運転致傷害の罪
熊谷勤容疑者の顔画像については、現在公開されていません。
問題になっている、高齢者の運転事故なので、今後捜査が進むに連れ熊谷勤容疑者の顔画像が公開される可能性もあります。
新しい情報が入りましたら追記していきます。

車にはねられ4歳女児死亡 事故現場特定

中津亜海ちゃんが事故にあった現場はどこだったのでしょうか。

ニュースでは

釧路市春湖台にある市立釧路総合病院の駐車場

と報道されています。

駐車場がとても広く、見通しもよさそうです。

アクセルを踏んだことによる、熊谷勤容疑者の運転操作ミス、とのことですが、このような広く見通しのよい駐車場で、なぜ中津亜海ちゃんは事故に巻き込まれてしまったのか…。

一緒にいたお母さんも目の前で事故を目撃し、とても辛かったことと思います。どうか、お母さん自身が自分を責めるようなことだけはないように…と願います。

熊谷勤容疑者 家族構成「妻や子供は」

熊谷勤容疑者には妻や子供がいるのでしょうか。

熊谷勤容疑者の家族構成については、明らかになっていません。

しかし、

妻の病院の付き添いで病院に来た

と報道されています。

年齢的に熊谷勤容疑者は、子供も独立して妻と2人暮らしだったことが予想されます。

車にはねられ4歳女児死亡 事故原因は「アクセルを踏んでしまった」

事故の原因について、熊谷容疑者は
「アクセルを踏んでしまった」
と容疑を認めています

事件当時、妻が釧路市の病院へ行くために、自宅から運転をしていました。病院へ到着すると、正面入口で妻は車を降りました。そして、熊谷勤容疑者に運転を変わったところで事故がおきたということです。

現場にブレーキ痕はなく、乗用車は前方の介護タクシーの軽ワゴン車後部に衝突した後、数メートルほど後退して、停車したということです。

根室市から病院までの道のり

根室市から、私立釧路総合病院まで、約2時間かかります。かなりの長距離ですね。

この道のりを妻が運転していたとなると、熊谷勤容疑者は普段は運転をしていなかった可能性があります。病院の入り口から車を停めるまでの短い距離…という、気持ちがあったのかもしれません。

熊谷勤容疑者の車の車種特定 「高齢者に人気のプリウス」

熊谷勤容疑者が乗っていた車の車種は何だったのでしょうか。

報道されている画像を見ると

TOYOTAのプリウス

のようです。

プリウスはハイブリット車で環境に優しく燃費がいいと、人気の車種です。特に高齢者の人に支持されていると聞きます。

しかし高齢者がおこす、プリウスでの交通事故も少なくないようです。その理由に、プリウスの運転席の足回りに問題があるのでは…と指摘する人もいます。

プリウスの運転席足回りが危険な理由

プリウスのブレーキペダルとアクセルペダルの位置に、ふみ間違える問題があるみたいだよ。
アクセルペダルの右側に出っ張りがあって、これをアクセルペダルだと勘違いし、誤って直ぐ左のブレーキペダルを踏んだつもりがアクセルペダルを踏み抜いてしまうらしい。

熊谷勤容疑者は、近所の住民に

免許の返納はしない

と語っていたといいます。

熊谷勤容疑者 「免許の返納はしない」運転技術に問題はなかったのか

近所に住む住民に “免許の返納はしない” と、語っていたという熊谷勤容疑者。運転技術に問題はなかったのでしょうか。

警察によりますと、熊谷勤容疑者は70歳以上が対象の高齢者講習と、75歳以上が対象の認知機能検査はクリアしていたということです。

熊谷勤容疑者を知る人物は、去年の10月向かいの人から

車庫入れるのにぶつかってたよ。

という話を聞いた、と証言しています。

免許更新のための検査はクリアしていても、運転に不安はないというわけではないので線引が難しいところですね。

高齢者の “指導者免許の返納時期” については、車がないと生活が不便になるなどの事情でなかなか難しい問題になっています。このような事故が無くならないのであれば、もっと厳しく取り締まることも必要なのでは…と感じてしまう事故です。

ドライブレコーダーには、亜海ちゃんの母親の叫び声も記録されていたということです。幸い亜海ちゃんの母親は、腰に痛みを訴えていますが、会話ができる状態ということです。しかし、目の前で我が子がはねられるなんて辛すぎます。

高齢者の運転ミスで、尊い命が奪われてしまった悲しい事故。

亜海ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ニュース・事件

コメント