大山建司医師みなかみ町小学校でなにをした「エリート大卒の優秀医師が驚きの健康診断」

ニュース・事件

群馬県みなかみ町の小学校の学校診断で児童の下半身を覗き、触診もしたとして大山健司(おおやま けんじ)医師が話題になっています。

児童のプライベートパーツと呼ばれる部位を視診触診したことに、大山健司医師は「間違ったことはしていない」と話しています。

大山健司医師は、どのような経歴でどんな人物なのでしょうか。

大山健司医師 問題とされる発言まとめ

大山健司医師が、児童のプライベートパーツへの視診触診について、記者会見で語った発言をまとめました。

大山健司医師。記者会見の画像

大山健司医師。記者会見の画像

大山健司医師。記者会見の画像

大山健司医師 顔画像

大山健司医師の顔画像と経歴です。

 

名前:大山健司(おおやまけんじ)
年齢:78
歳職業:小児科医
大山健司医師は、児童のプライベートパーツを視診触診したことに対し
成熟と成長のバランスが崩れてくるのは、この時期によく出てくる。それを見るためにには、二次性徴がどう出てきたかをみていくのが非常に大事
と、あくまでも「必要なので行った」と主張しています。
しかし、保護者からは「納得できない」との声が上がっています。

大山健司医師 経歴「慶應義塾大学医学部卒」

大山健司医師は、慶應義塾大学医学部を卒業しています。

慶應義塾大学といえば、誰もが知るトップクラスの大学です。

医学部卒業ということで、大山健司医師はとても優秀な方のようです。

大山健司医師は、山梨県内の大学で教授也研究員をされており、小児の分野で幅広く活躍されていたようです。

性早熟症(思春期早発症)
母子分離と子どもの発達
などの小児医療に関する論文も数多く発表しており、受賞歴もあり、小児医療の分野でかなり専門的に活躍されているようです。

大山健司医師が学校検診した小学校は「水上小学校」

大山健司医師が、児童のプライベートパーツの視診触診をした学校は

水上小学校

と報道されています。

一連の報道に、みなかみ町教育委員会は

成長過程で、発達に異常がないか確認するために目視したのではないか。医療として必要な場合、触診することもあるのではないか

と、発表しています。

みなかみ町教育委員会は触診の有無について調査するかどうかは “精査する” と説明しているといいます。つまり、児童へのプライベートパーツについての触診があったかどうかは、調べたほうがよいかは「考える」ということ。

児童の精神的ショックを考えると、しっかりと “調査” することが望ましいのではないでしょうか。

この発表に、水上小学校に児童を通わす保護者から「納得できない」との声が上がるのは無理もないでしょう。

視診触診は全校生徒に対して行なわれた…とされています。高学年の女子児童などは精神的にかなりショックを受けているのではないでしょうか。

学校検診のあり方の見直しとともに、児童たちの心のケアをしっかりと行ってもらえることを願います。

ニュース・事件

コメント