小樽港で水難事故ポーチにネズミの死骸「ペットが亡くなり傷心で海へか」小樽身元不明

小樽港でうつ伏せの状態で海面に浮いている女性の遺体がみつかりました。年齢は40~60代くらい、目立った外傷はなく、死因は「溺死」です。

女性の身元が分かるものはなく、所持していたウエストポーチにはネスミの死骸が入っていたといいます。

身につけていたものから道外の人で、亡くなったペットのネズミでは…との憶測もあり、今後の捜査が待たれます。

小樽港で水難事故で身元不明の女性についてまとめました。

小樽港水難事故 身元不明の女性の特徴は

小樽港で、うつ伏せの状態で海面に浮かんでいる女性の遺体が見つかりました。

小樽港。身元不明の女性が身につけていたものの画像

【身元不明女性の情報】

・年齢 40~60代
・身体特徴 身長158センチくらい
・体重50キロくらいで中肉
・着衣 黄土色の長袖パーカー(サイズL) 黒色のパンツ(サイズL) 黒色の靴下 黒色のブーツ(ゴム製 サイズ24.5センチ) ブーツに装着された黒色の滑り止め(ゴム製)
・所持品 深緑色のウエストポーチ(「anello」との表示あり・中に小動物の死骸)

年齢が40〜60歳とかなり幅広いですね。身長158センチで体重50キロくらいで中肉とされていますが、実際はかなり細身な体型に思います。

ブーツには、ゴム製の滑り止めが付けられていたということで、“道外から来た人では?” との声もありました。(地元の人は滑り止めはあまり使用しないとのこと)

所持していたウエストポーチには、ネズミと見られる小動物の死骸が入っていたということです。

小樽港水難事故 身元不明の女性の遺体発見

小樽市築港の小樽港で、釣りをしていた男性から「海に人が浮いている」などと110番通報がありました。遺体はうつ伏せの状態で海面に浮いていて、すぐに引き上げられましたが、死亡が確認されました。

時刻は午後9時ということで、辺りは暗かったのではないでしょうか…。薄手のパーカーワンピースに、取り付け式の滑り止めバンドを付けたショートブーツ。 真冬に、なぜこんな薄着だったのか?気になるところです。

新しい情報が入り次第追記していきます。

小樽水難事故 所持品のウエストポーチ「anello」

身元不明の女性が所持していたウエストポーチのブランドは「anello」だったということです。

anelloのウエストポーチは約4千円ほどで、収納が多く使い勝手位がいいことで人気のブランドです。

なぜ、そのウエストポーチの中にネズミの死骸が入っていたのでしょうか。ペットのハムスターとかだったのでしょうか。

「ペットをウェストポーチに入れてお散歩」
「すぐ戻るから、携帯は家に置いて」

発見された時刻が午後9字と言う事でしたが、、そんな気持ちで家を出たのかもしれません。

発見された身元不明の女性の身元が、一刻も早く分かって、ご家族の元へ帰る事が出来ますように。

 

ニュース・事件
もりしおのぶろぐ

コメント